アンチエイジング

スーパーフォトセラフィーとは

様々な波長の光(フラッシュランプ)を照射して表皮の疾患を取り除き、肌の若返り・活性化を図る総合的治療法です。
加齢による色素沈着(しみ、そばかす)、小ジワ、ニキビ、毛穴の開き、浮き出た毛細血管(頬・小鼻など)、脱毛、肌質改善などいろいろなお悩みに対応できます。
照射による皮膚内部でのダメージが少なく、治療時間も短いため、肌にやさしく安全性の高い治療が可能なことも大きな特徴です。

レーザー治療との違い

レーザー治療もスーパー・フォト・セラピーも光を用いるという点では同じです。しかし、レーザーは単一の波長の光で、治療する疾患によって波長の使い分けが必要です。
例えばメラニンに起因するシミなどは、ルビーレーザーが最も効果的と言われています。またイボやホクロの切除には、炭酸ガスレーザーを使用するのが一般的です。
このように疾患によって波長を選ぶ必要があるため、高出力での使い分けを必要とするレーザーは、治療後の赤みや炎症性の色素沈着などを起こすことがあり、術後の回復に時間を要することが難点でした。

メディカルピーリングとは

顔、腕、背中などのニキビやシミの治療を目的として、病院だけで受けていただくことができるケミカルピーリングを「メディカルピーリング」と呼んでいます。
皮膚にフルーツ酸(グリコール酸等)を用いて、皮膚表面の角質細胞間の接着をゆるやかにし、角質層に蓄積されたごく薄い角質を除去します。

ピーリングの違い

日本では、エステ業界の一部が積極的にケミカルピーリングを導入しています。
しかし、安全基準のないまま広がったため、一部のエステによる皮膚トラブルの被害が続出しています。
この状況から平成12年11月に厚生労働省が「ケミカルピーリングは医師のみが行える『医療行為』である」と日本医師会や都道府県へ通知しました。
ケミカルピーリングに使用する酸の種類・濃度・pH値などは、接触時間や月経周期によって皮膚への浸透度が異なります。
そのため、安全なピーリングを行うには、ひとり一人の肌をしっかり診察した上で、その人に合った治療方法を選ぶことが大切です。
病院で、専門知識を持つドクターにより、安全かつ効果の高い“メディカルピーリング”を受けることをおすすめします。

ピーリング 30%サリチル酸マクロゴール

皮膚表面及び毛穴部分の角質を剥離し新しい角質を再生させるトリートメントです。
浅い角質を剥がすことによって毛穴のつまりを除去し、ハリも出てきます。
コラーゲン合成促進や美肌効果が期待でき施術後は肌がみずみずしく 皮脂分泌過多が原因で起こるニキビに対して効果の高い治療です。

プラセンタとは

プラセンタとは胎盤のことで、胎盤には豊富な栄養と ミネラル・ビタミン・酵素・細胞増殖因子・サイトカインなど有効成分を多く含んでいるため全身の機能低下を補う力を持っています。

プラセンタは肌や体を細胞レベルから若返らせてくれるといわれています。

簡単にいうと、年齢とともに衰えていく新陳代謝(細胞が生まれ変わり)を正常化する、ということです。
コレがプラセンタの効果の一番の特徴ですが、他にも血行を促進したり、体のサビつきを防いだり、免疫力を高めたりといろんな作用があることが報告されています。

このような作用が相乗的に働くことで、肌や体に嬉しいことがいっぱい起こる、というわけです。
効果の出やすいところや度合いなどは人によって異なりますが、多くの方がその効果の高さを実感しているようです。若返りを目指す女性にだけでなく、男性にも嬉しい効果がいっぱいです。

プラセンタから抽出されたエキスを用いるのがプラセンタ療法です。
当医院で使用しているのは厚労省より肝臓を治療する薬剤としても認可されている【ラエンネック】になります。

ヴァンキッシュ(VANQUISH)

ヴァンキッシュヴァンキッシュ(VANQUISH)は、痛みもダウンタイムもなく、寝ているだけで気になる部分の脂肪を燃焼させます。
世界初の非接触セレクティブRF(高周波)システムを使って、広範囲の脂肪を破壊する痩身治療で、お腹・太もも・背中・お尻の部分痩せが可能です。

ページトップへ