お知らせ

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹は、子どもの頃にかかった「水痘(みずぼうそう)」の「水痘帯状疱疹ウイルス」が体内の神経節に潜伏していて、長い年月を経て、過労などで免疫が低下することで、ウイルスが再び活動をはじめることで発症する感染症です。
水ぼうそうにかかったことがあればどなたでも帯状疱疹になる可能性があります。
帯状疱疹の代表的な症状は、身体の左右どちらか一方に現れる赤い斑点や小さな水ぶくれのような発疹で、まとまって帯状に現れ、痛みを伴うだけでなく、治った後も強い痛みが長く残る帯状疱疹後神経痛を起こすことがあります。
発症部位によっては、視力低下、顔面神経麻痺、難聴などの合併症があります。

特に発症が多いのは50歳代後半~70歳以上の高齢者ですが、若い世代が発症するケースも増えてきている疾患です。
7年前に子供に対して水痘ワクチン定期接種が始まり水ぼうそう罹患者が少なくなったために、水痘帯状疱疹ウィルスとの接触が減り、免疫を高める機会が少なくなっています。そのため帯状疱疹を発症するケースが増えていると考えられています。

神経痛などを引き起こす帯状疱疹予防するワクチンは2種類あります。希望の方は、事前にワクチン予約をお願い致します。

①乾燥弱毒生水痘ワクチン「ビケン」
生ワクチンで1回皮下に接種します。予防効果は5年で50%前後、帯状疱疹後神経痛予防効果は60%程度あります。7640円/回

②不活化ワクチン「シングリックス」
合計2回筋肉に注射します。予防効果は9年で90%程度、帯状疱疹後神経痛予防効果は85%程度あります。2万円程度/回

お知らせ一覧

ページトップへ